メーリングリストに登録

東海地域で行われる難民関連のイベントのご案内をお送りいたします。
メーリングリストへの登録をご希望の方はinfo@door-to-asylum.jpまで、
氏名・所属・E-mailアドレスをご記入の上ご連絡ください。

寄付

寄付による支援

皆様からのご寄付は、難民支援に有効に活用させて頂きます。

郵便振替の場合

※通信欄に「寄付」とご記入ください。また、ご指名、ご住所並びにその他ご連絡先(御電話番号、メールアドレス等)もご記入ください。

銀行振込の場合

お振り込みの場合には別途、電子メール(info@door-to-asylum.jp)にて、ご氏名、ご住所及びその他ご連絡先(お電話番号、メールアドレスなど)、入金日及び寄付金額をご連絡ください。銀行振込の特性上、ご入金の使途をそのままでは確認できませんので、お手数をおかけいたしますが、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

※お預かりした個人情報は、当法人からのご連絡のみを目的に利用させて頂きます。

ボランティア

名古屋難民支援室では、以下の事業に携わるボランティアを募集します。

ボランティアによる支援

  • 難民認定申請資料の翻訳
  • 難民認定申請者の聞き取り時の通訳(英語以外の言語)
  • 医療機関等への同行
  • 支援室の運営
  • その他

講座・イベント情報

移民政策学会シンポジウム

移民政策学会・2017年度冬季大会 シンポジウム「難民政策の制度構造の再検討―名古屋東海圏の動きから考える」
名古屋難民支援室の理事が司会を務め、難民の当事者の方や当団体の副代表理事及びコーディネーターが発表させていただきます。
【日時】:2017年12月2日(土)13:10~(シンポジウムは15:30~)18:30
【場所】: 南山大学R棟4階
【参加費】: 移民政策学会の会員無料、非会員(一般)1,000円、(学生)500円
【主催】: 移民政策学会
詳細はこちら:http://iminseisaku.org/top/conference/index.html

ワールド・コラボ・フェスタ出展報告

2017年10月14日~15日に名古屋市のオアシス21で開催されたワールド・コラボ・フェスタにてブース出展を行いました。
天候には恵まれませんでしたが、歌やダンスのステージもあり、子どもから大人まで多くの人が様々な団体のブースを訪れていました。
名古屋難民支援室のスタンプラリーのクイズ「2016年に名古屋入国管理局で難民認定申請をした人は何人くらいいるでしょう?」の答えは、多くの人にとって意外だったようです。
皆さんは答えが分かりますか?正解は「2500人くらい」(正確には2645人)です。「そんなにたくさんいるんだ!」と多くの人が驚かれていました。

名古屋難民支援室のブースに足を運んで下さった皆様、お手伝いいただいたボランティアの方々、ありがとうございました。

子供対象日帰りスタディツアー報告

2017年10月8日に名古屋市中川区のミッタディカパゴダ(仏塔)で開かれたビルマ(ミャンマー)の方々による灯明祭りに参加するスタディツアーを行いました。保護者の方と子ども達を合わせて20名以上の方に参加いただきました。
現地に到着後、パゴダの周りに集まってビルマ(ミャンマー)の方からこのお祭りについて説明を受け、ろうそくに火をつけたり、お祈り体験をしたり、おいしいご飯をいただいたり、みんなで一緒にお祭りを楽しみました。
こんな身近なところで現地に行ったような体験ができるなんて面白いですね。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

第二回難民理解講座

第二回難民理解講座の開催が決定しました。
前回参加された方も、今回が初めてという方も、ぜひお越しください。
なお、資料印刷等のため、事前申込が必要です。

難民と祖国の民政化
ー滞日ビルマ系難民コミュニティのいま
【講師】人見泰弘(名古屋難民支援室理事、名古屋学院大学准教授)
【日時】11月10日(金)19:00~21:00
【場所】名古屋難民支援室(地下鉄桜通線・鶴舞線 丸の内駅 1番出口すぐ)
    〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-1-30
    丸の内オフィスフォーラム7階 川口法律事務所内
【定員】15名
【参加費】500円
【申込方法】メール(info@door-to-asylum.jp)で以下を記載し
      ご連絡ください。
      件名:難民理解講座申込
      本文:お名前、ご所属
【主催】名古屋難民支援室
【助成】独立行政法人福祉医療機構

子供対象日帰りスタディツアー

子供対象 日帰り スタディツアー
 名古屋市内で国際交流体験
 ビルマ灯明祭り 参加者募集!
【日時】:2017年10月8日(日)17:00~20:30
【場所】: ミッタディカパゴダ(名古屋市中川区)
名古屋駅太閤通口に集合し、貸し切りバスで移動します
【参加費】:無料 
【定員】:20名(10名+保護者)
【予約締め切り】:2017年9月24日
【連絡先】
mail:info@door-to-asylum.jp
tel:070-5444-1725
fax:052-308-5073
【申込方法】
下記の事項をメールまたは、FAXにてお申し込みください。
①参加者氏名・ふりがな②参加者の所属学校名・学年③保護者氏名④連絡先tel
チラシはこちらをご覧ください。

ワールド・コラボ・フェスタ出展

ワールド・コラボ・フェスタは、国際交流・国際協力・
多文化共生のため、様々な団体が展示やパフォーマンスを行うイベントです。
名古屋難民支援室はブースを出展し、展示を行います。
イベント詳細はワールド・コラボ・フェスタのWEBサイトをご覧ください。
【日時】2017年10月14日(土)、15日(日)10:00~18:00
【場所】オアシス21「銀河の広場」
【主催】ワールドコラボフェスタ実行委員会

難民理解講座

名古屋難民支援室にて難民理解講座を開催します。
日本、そして東海地域の難民のこと、難民認定の制度、
難民の人々の生活状況、名古屋難民支援室の役割等、
名古屋難民支援室のこれまでの活動から得られた
様々な情報をお伝えします。
難民について全く分からない!という方も、
もっと詳しく知りたい!という方も、ぜひお越しください。
なお、資料印刷等のため、事前申込が必要です。
   
【日時】2017年9月9日(土)13:00~15:00
【場所】名古屋難民支援室(地下鉄桜通線・鶴舞線 丸の内駅 1番出口すぐ)
     〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-1-30
     丸の内オフィスフォーラム7階
     川口法律事務所内
【定員】15名
【参加費】500円
【申込方法】メール(info@door-to-asylum.jp)にてご連絡ください。
      件名:難民理解講座申込
      本文:お名前、ご所属
独立行政法人福祉医療機構の助成を受けて実施します。

東海在日外国人支援ネットワーク座談会

話題の書「フィリピンパブ嬢の社会学」
著者中島弘象さんを囲んでフィリピンを考える

【日時】8月27日(日)13:30~16:00
【場所】瑞穂生涯学習センター・視聴覚室
【入場料】無料 
【主催】東海在日外国人支援ネットワーク

チラシもご覧ください。2017/8/27チラシ

身近に難民がいる?!参加型で学ぼう

愛知サマーセミナー2017
「身近に難民がいる?!参加型で学ぼう」
【日時】 2017年7月15日(土)9:30~10:50
【場所】 同朋高校
参加無料。予約不要。

愛知サマーセミナー2017において名古屋市国際交流課が開催する「名古屋の多文化共生」連続講座にて、難民のテーマを担当させていただきます。

世界に難民があふれる中、難民は日本にも逃れてきています。日本に暮らす難民はどういう背景で逃げて来るの?日本に到着してどうなるの?日本でどんな暮らしをしているの?参加型ワークショップで学びます。

東海在日外国人支援ネットワーク 講演会+交流会

第9回東海在日外国人支援ネットワーク総会の
記念講演会と交流会が開催されます。
名古屋難民支援室の代表理事、名嶋聰郎 弁護士が講演します。

【日時】2017年7月1日(土)午後2時40分~4時30分
【場所】名城大学天白キャンパス 校友会館3階 会議室
    地下鉄塩釜口駅下車1番出口から右へ徒歩4分
    (大学正門横の郵便局が入っている建物)
【参加費】無料
上記終了後の午後6時より、会場から徒歩1分の
ベトナム料理店Hong Ha(ホンハ:名古屋市天白区八幡山734-1)にて
交流会を行います。

【主催・問い合わせ先】東海在日外国人支援ネットワーク
    名古屋市昭和区山手通5-33-1
    名古屋労災職業病研究会内
    電話/FAX 052-837-7420

チラシもご覧ください。
第9回東海在日外国人支援ネットワーク総会 記念講演会+交流会

お問い合わせ

特定非営利活動法人

名古屋難民支援室

Door to Asylum Nagoya (DAN)

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-1-30
丸の内オフィスフォーラム7F
川口法律事務所内

TEL : 070-5444-1725
FAX : 052-308-5073
E-Mail : info@door-to-asylum.jp